本文へスキップ

うつ病の家族への対応マニュアル

利用規約agreement

(総 則)

第1条 本規約は、【うつ病の家族への対応マニュアル】の販売その他当サイトが提供するサービス(以下当サービス)を利用する全ての利用者との間において適用されるものとします。
また、利用者は本規約を誠実に遵守するものとします。

(定 義)

第2条 本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。

教材
当ウェブサイト上で販売する教材
当サイト
当サービスを提供するウェブサイト
利用者
当サービスを利用する者(当サイトの閲覧者、教材を購入しようとしている者、又は教材の購入者)
販売者
教材及び当サービスを販売・提供する者
第三者
販売者及び利用者以外のすべての者
個人情報
個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)第2条第1項に規定する「個人情報」
統計資料
販売者が適法に取得した利用者の個人情報につき、その属性について集計・分析を行った上で利用者個人が特定できないよう加工したもの

(教材の受渡方法)

第3条 利用者が購入した教材の引渡し及び当サービスの提供は、電子メールを用いる方法によって行うのを原則とします。

2 利用者が購入した教材の引渡しは、あらかじめ利用者から申出のあったアドレス宛てに、販売者が教材を送信した時点で完了するものとし、以後、販売者は教材を再度送信する義務を負わないものとします。

3 購入した教材の受信が確認できなかった場合は、利用者は販売者に対し、遅滞なくその旨を申し出るものとします。

4 販売者が前3項と異なる取り扱いをする場合には、各教材・当サービスのお申込手続が完了する前までに、ウェブサイト・メール上で掲載その他適切な方法を用いて、購入予定者が方法を事前に確認できる措置を講じるものとします。

(禁止行為)

第4条 利用者は、方法・理由の如何を問わず、次の各号に掲げる行為を一切行ってはなりません。
  1. 教材を複製又は第三者へ転売・転貸・譲渡すること。
  2. 教材及び当サービスにつき、第三者に対し、その内容の全部又は一部を伝達・公表・公開すること。
  3. 教材及び当サービスにつき、その内容を想像できるような表現を使い、インターネットや言語などの伝達手段を用いて公開すること。
  4. 教材又は当サービスの内容を引用するなどの方法で第三者に開示し販売者に不利益な行為を行うこと。
  5. 販売者・教材・当サービス・当サイトの名称を明記して、あるいはこれらが特定できるような手段・方法を用いて、教材・当サービスの風評を害するような情報をインターネットや言語などの伝達手段を用いて公表すること。
  6. 前各号に掲げる行為のほか、販売者又は教材・当サービスに不利益を与える一切の行為。

(個人情報の取扱)

第5条 販売者は、利用者の個人情報を、別途当サイト上に掲示する「プライバシーポリシー」(個人情報保護方針)に基づき、適切に取り扱うものとします。

(代金の支払・返金について)

第6条 当サービスを利用の際の代金の支払については、当サイト上に掲示する方法によって行うものとします。

2 一旦納入された代金については、当サイト上に掲示された返金請求によらなければ、販売者は返還義務を負わないものとします。

(連絡の手段)

第7条 利用者と販売者の間の連絡手段は、電子メールを用いる方法によるものとします。

2 利用者と販売者は、電子メールが到達しなくなる事態を避けるよう、電子端末のメンテナンスやセキュリティ設定の適正化に努めなければなりません。

(当サービスの停止、変更、修正、追加、削除)

第8条 販売者は、いつでも当サービスの内容を停止、変更、修正、追加、削除することができるものとします。
当サービスの停止その内容の利用者への通知はその都度、当サイト上に掲載する方法その他販売者が適切と判断する方法で行うものとし、緊急を要する場合はこの限りではないものとします。

(当サービスのメンテナンス)

第9条 販売者は、定期又は不定期に当サービスのメンテナンスを行うことがあります。このメンテナンス期間中に当サービスが一時停止される場合があることを利用者は承諾するものとします。

(規約の解除)

第10条 販売者は、次の各号に掲げる事由が生じた場合、催告なしに本規約を解除し、又は利用者の利用資格を取消すことができるものとします。
  1. 利用者が本規約の条項に違反する事実があったとき。
  2. 前号の規定にかかわらず、利用者の行為が、当規約の解除又は利用資格の取消に該当すると販売者が判断した場合。

(届出義務)

第11条 利用者は、名称、メールアドレス等の申込内容に変更があった場合は、速やかに販売者に届け出るものとします。利用者がこれらの届出を怠ったために、販売者からの通知または送付された書類等が延着し又は到達しなかった場合には、販売者は通常到達すべき時に到達したと見做すことができるものとします。

(著作権)

第12条 利用者は、当サービスを利用するにあたり、著作権に関する問題のある第三者のコンテンツを利用してはなりません。利用者と第三者との間において著作権その他の知的財産権を巡る問題が生じた場合でも、販売者は一切の責任を負いません。

(秘密保持)

第13条 販売者及び利用者は、当サービスの利用を通じて知り得る相手方の秘密を、相手方の事前の承認なしには一切外部に公表してはならないものとします。
但し、既に既知となっている情報は除くものとします。

(保証の制限)

第14条 販売者は、利用者が教材・当サービスの購入・利用によって、その期待する効果が確実に得られることは、名目の如何を問わず保証いたしません。

(責任の限定)

第15条 販売者は、本規約に関する債務不履行あるいは、不法行為その他請求の根拠の如何に関わらず、あらゆる種類の付随的損害、間接損害、派生的損害、および特別損害について、責任を負わないものとします。

(譲 渡)

第16条 利用者は、販売者からの事前の書面による同意なしに、本規約上の地位・本規約上の債権債務の全部または一部を譲渡することはできないものとします。

(不可抗力)

第17条 天災、爆発、火災、ストライキ、洪水、疫病、暴動または戦争などの不可抗力があった場合、いずれの当事者も、本規約の義務を履行する責任を負わず、履行遅滞について責任を負わないものとします。

(準拠法、管轄裁判所)

第18条 本規約に関する準拠法は日本法とし、本規約に関して訴訟の必要が生じた場合には、販売者の住所を管轄する福島地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

(規約および条件等の改訂)

第19条 本規約および条件は、販売者の判断により利用者の承諾なく随時変更、改訂を行うことができるものとし、利用者はあらかじめこれを承諾するものとします。改定後の本規約も、販売者と利用者との間のすべての関係において適用されるものとします。

制定:2009年12月19日
増田 泰司